板金塗装

小倉ボデーでは、お客様の傷ついたお車をきれいに直すために日々板金技術の向上と整備設備の向上を図っております。実際にお客様の愛車を見せて頂き、お客様のご要望とプロのアドバイスでお客様にご満足いただける仕上がりを目指しております。

板金塗装について

板金塗装は大きく分けて2つの工程に分かれています。1つ目の工程は【板金】です。板金作業では、部品の交換、立て付け調整、パネル板金作業、フレーム修正などです。2つ目の工程は【塗装】です。塗装作業では、下地作業、調色作業、塗装、焼付け、ポリッシュ(磨き)仕上げなどがあります。

  • 分解・修理

    板金塗装イメージ1

    分解

    損傷修理には色々なケースがございますので、様々な部分を分解し修理に入ります。

    外板板金

    鋼板(鉄板)を限りなく元の形に修復修正します。

    フレーム修正

    内板骨格修正とも呼ばれる作業です。小倉ボデーでは数種類の修正装置と計測装置を用いて元の状態のボディーアライメント(車体寸法)を取り戻すことができます。

    取替え・交換

    鋼板や部品として性能を取り戻すことが難しい箇所を取替えます。ボディーの一部分をカットして取替える「カット交換」と呼ばれる作業があります。近年の車では「超高張力鋼板」が用いられていますので、従来通りの溶接機では溶接が不可能でした。小倉ボデーでは、最新型の溶接機を備えていますので、自動車メーカーラインと同等な溶接条件の設定はもちらん、自動車メーカーと同じ溶接電極を先端まで水冷し、溶接強度に加え品質にも配慮しています。

  • 塗装・磨き

    img008

    下地

    板金・修正や取替えされた鋼板の表面にパテ(ポリパテ)やプライマー・サフェーサーなどを塗り、塗装の為の下地を作ります。

    調色

    最新の調色システムを使用して調色、お車の塗装を同色へと仕上げていきます。

    マスキング・塗装

    修理箇所と関係のないところに飛散しないように、しっかりとマスキングしてから、塗装ブースにて塗装します。

    磨き

    新車のような塗装状態に磨きあげます。

お問い合わせ

小キズから全塗装まで、お車のことなら小倉ボデーにお気軽にお問い合わせください。

TEL:093-964-3588